スポンサーリンク

ヌカカ画像|ヌカカの恐ろしさが分かる画像を集めてみました

暖かくなるとインドア、アウトドアを問わず、様々な虫が出てきますね。

蚊やアブに代表される吸血虫による虫刺されには

毎年悩まされる方も多いのでは?

吸血虫の中でも特にヌカカは凶悪で虫除けを怠っていると

部屋の中だろうが襲いかかり、強烈なかゆみを残してくれます。

しかし、意外とヌカカの容姿や刺された痕がどうなるのか

知らない方も多いみたいなので、

ヌカカの画像やヌカカに刺された痕の画像をご紹介します。

スポンサーリンク

ヌカカ画像

ヌカカは体長1~2mmくらいの超小型のハエです。

大変小さい虫なので部屋にいても網戸などをすり抜けて

部屋の中で刺されることもあるので注意です。

網戸などヌカカが侵入してきそうな所に

ハッカ水スプレーを吹き付けておくと

ヌカカの侵入を防ぐことができるのでオススメです。

finger-icon05_r1_c1 ヌカカの虫除けに効果抜群!ハッカ水の作り方はこちらをクリック!

ヌカカは一見するとゴマ粒のようで、その存在を知っていても

ちゃんとヌカカを見たことがある方はそれほどいないんじゃないでしょうか。

ヌカカの画像を探してみたのでご紹介しますね。

ヌカカに刺されてトラウマがある方は、もしかすると画像を見るだけで

かゆくなってくるかもしれないので、閲覧注意です。

ヌカカによる虫刺されの画像

ヌカカによる虫刺されは個人差がありますが、

広範囲で赤みを帯びたり、水ぶくれができたり、虫刺されが数十箇所といろいろ。

しかし、共通するのは

数日間は強烈なかゆみが襲い、そのかゆさで睡眠不足に陥るほど。

病院に行ってかゆみ止めのための飲み薬と塗り薬を使っても

1週間から場合によっては1ヶ月もかゆみが続くこともあるようです。

ヌカカによる虫刺されに気付いたら、すぐに病院に行くことをオススメします。

刺されたことに運よくすぐに気付いた場合は、温熱療法による応急処置が

有効です。

finger-icon05_r1_c1 温熱療法について詳しく知りたい方はこちらをクリック!

ヌカカの大きさと習性が分かる画像

ヌカカは集団で飛行していることも多く、

ひどい時には1日で100か所以上も刺されることがあるようです。

ヌカカの存在に気付いたらその場所から離れるか、

虫除けスプレーをマメに吹き付ける、パワー森林香を焚くなどの

虫除け対策を十分に行うようにしましょう。

ヌカカは袖や裾、襟元などの隙間から潜り込み刺すこともあるので

それらの箇所にも念入りにスプレーを噴霧しましょう。

また薄手の衣服だと布越しに刺すこともあるので、

服にも虫除けスプレーをかけておいてください。

まとめ

これから暖かくなってきて、蚊やアブ、ヌカカなどの

吸血虫の活動が活発になります。

室内・野外問わず、十分に虫除け対策を行って

かゆみに悩まされないようにすごしたいものですね。

虫除けには市販の虫除けスプレー以外に

ハーブ油が有効ですので常備しておくことをオススメします。

ドラッグストアで気軽に買えますし、無水エタノールと精製水で希釈して

ハッカ水スプレーとして使用すれば、コストパフォーマンスも良いです。

ハッカ油はリラックス効果や殺菌効果、消臭効果と様々な効果があり

汎用性が高いので、ぜひとも試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする