スポンサーリンク

海釣りではヌカカに要注意!ブヨ(ブト)だけじゃない虫刺され!!

海釣りではヌカカに要注意!ブヨ(ブト)だけじゃない虫刺され!!

これからの時期、磯や堤防で釣りをする人をよく見かけるようになりますね。

あなたも海釣りに行く方ですか? もし海釣りに行くのであれば、しっかりと虫除け対策をしていくことをオススメします。

釣りをしているとブヨ(ブト)を見かけることは多いと思いますが、ヌカカという吸血害虫はご存知ですか?

もしかすると初めて聞く名前かもしれませんね。

認知度はかなり低く、知っている人は少ないですし、ネット上にも情報が少ないですから。

しかし、海釣りではブヨ同様に気をつけたい虫の一種です。

気づいていないだけでヌカカ被害に遭っている方は多いのだろうと推測されます。

今回はそんな海釣りで厄介な吸血害虫ヌカカの虫刺されについて解説していきます。

スポンサーリンク

海釣りはヌカカ被害に遭いやすい?

TwitterなどSNSの投稿を見ていると、釣りの中でも海釣りの方が被害に遭うことが多いようです。

バスフィッシングなど湖や渓流でも刺されている人の投稿もありますが、やはり海釣りの方の投稿が目立ちます。

釣りをする方の間では比較的知られているヌカカですが、それでも知らない方の方が多いようです。

ブヨ(ブト)よりもサイズが小さく発見しにくいこと、刺されても気づきにくいことが被害に遭う原因の1つでしょう。

大量に刺されれば、ブヨではないだろうと調べる方も多いでしょうが、数箇所程度ならブヨに刺されたのかなと市販薬を塗って終わる方も多いのではないかと思います。

しっかりヌカカやその性質を知って、十分な虫除け対策を行うことが大切です。

ヌカカってどんな吸血害虫?

このブログではヌカカについて何度も書いていますが、初めてこのブログに訪れた方のためにかんたんに解説します。

ヌカカは「糠蚊」と書かれることもあるヌカ粒くらいの小さなハエで、干拓虫(かんたくむし)と呼ぶ地方もあります。

刺されると小さな赤みを帯び、そのかゆみはブヨ並みという方もいるくらいかゆいです。

数日くらいは強いかゆみがありますが、軟膏を塗っていればだいたい1週間程度で治ります。

ただし、人によっては1ヶ月もかゆみが続くこともあるので、早めのケアが必要です。

ヌカカは集団で飛行することも多く、蚊柱のように見えることがあります。

またいつの間にか大量に体に付着しているといったこともあるので、とにかく野外では十分な虫除け対策を行うことが大事です。

ヌカカの活発な時間帯は?

ヌカカが活発に飛び回る時間帯は朝と夕方です。マヅメの時間帯ですね。

この時間帯の風がない、またはほとんど風が吹いていない日は要注意です。

ヌカカはサイズが小さいため風がある日は飛び回ることができません。

つまり釣り師にとって条件が良い時間帯が最もヌカカが活発になるために被害に遭うことが多いというわけです。

そのためヌカカ被害を避けるために、あえてお昼前くらいから釣りに出かける方も多いようですね。

では、活発な時間帯以外は大丈夫かというとそうではありません。

昼でも夜でもヌカカは飛行しているので、野外で遊ぶ際には十分に虫除け対策をする必要があります。

ヌカカ刺されの症状は?

前述した通りにヌカ蚊に刺されると小さな赤みができることが多いです。

患部はポチ、ポチっと小さい斑点ですがかなりのかゆみを伴います。

また大抵の場合は、刺されてしばらくしてからかゆみが出てくるので刺された直後は何ともないことが多いです。

ヌカカさされの症状やその特徴については、以下のの記事に写真を多数掲載してまとめてあります。

気になる方は参考にしてみてください。

finger-icon05_r1_c1 ヌカカ刺されの症状は?その特徴がわかる写真をまとめてみました!

ヌカカに効果的な虫除け対策

では、ヌカカに対してどのような虫除け対策をすればいいのか。

ネット上では一般の市販薬では効果が薄い、効かないなど言われていますし、市販薬の説明欄を見てもヌカカの表示を見ることはないのではないかと思います。

全ての市販品を確認したわけではないですが、近所のスーパーや薬局では見たことがないので・・。

この件に関しては、これだけで何記事も書けるくらいのボリュームになるのでここでは割愛させていただきます。

情報を集めながら、いずれ目的別にまとめた記事を公開したいと考えています。

今回は、こちらの記事を参照して下さい。

finger-icon05_r1_c1  最強の虫除けスプレー&クリームランキング

finger-icon05_r1_c1  最強のヌカカ虫除けアイテム『パワー森林香』の効果と口コミ!

虫除け対策をしていても要注意!

長袖・長ズボンに帽子もかぶって、虫除けスプレーやクリームもつけて虫除け対策は万全!

それ思っていても、ヌカカに刺されてしまうこともあります。

それはどこかというと、です。

手はどうしても水に濡れてしまうために、虫除けスプレーやクリームをつけていても刺されてしまうことがあります。

グローブを装着していれば、かなり回避できるのですが、それでも指を刺されたという方もいるので要注意ですね。

しっかり虫除け対策をしておけば、ほとんど刺されることもないはずですが、万全にしていても刺されることもあるということを覚えておきましょう。

そのため、やはり虫刺され用に軟膏を携帯しておくいいですね。

まとめ

今回は海釣りの大敵であるヌカカとその虫刺されについて解説しました。

ヌカカに刺されると強いかゆみに悩まされることとなるので、虫除け対策はしてから海釣りに出かけましょうね。

釣り道具だけではなく、虫除けグッズもしっかり揃えておきたいものです。

対策をしておくことでかなり被害を軽減できるので、ぜひやってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 自然人 より:

    参考になりました!

    ありがとうございます!

    磯に行く時には 防虫対策をしっかりやります m(_ _)m